2010年04月22日

これからの季節は注意ですね!

4月とは思えない真冬のように寒い日がある一方、夏日のように暖かく、汗ばむ日も増えている。まだまだ気温差こそあれ、春は本格的にやってきた。とはいえ、気温が上がってくると、世の中高年にとって気がかりとなるのが加齢臭だろう。オヤジ臭といわれるだけあって、皮脂の分泌量が多い男性の方が、その臭いは強いとされるが、いわずもがな女性にも同様に起こるデリケートな問題だ。根本的な原因とされるのは、身体から出るノネナールという臭いの成分といわれている。新陳代謝が落ちると皮脂が体外に排出されにくくなり、皮脂線(体内)で酸化、雑菌が繁殖して腐敗をするという理屈だ。ゆえに、性別や年齢に関わらず、これに該当するのであれば 、不衛生で加齢臭がするという若者や、年齢を重ねても肌が清潔で加齢臭は出ない中高年なんかもいる。要は、加齢臭の要因をあらかじめ遮断する、もしくは気をつけることが重要になるわけだが、ポイントとなるのは、体内の酸化を防ぐ“抗酸化”にあることは間違いないだろう。
多量な飲酒、ストレスや紫外線、喫煙でも体内の酸化は進むといわれているのだが、忘れがちなのは、日々の食生活だったりする。例えば、肉の脂は酸化しやすいというデータがある。和食は菜食が基本であるため、昔は加齢臭という概念すらなかった日本において、その食生活が欧米化することにより、脂肪分の摂取量が著しく増え、日本人の体質に変化をもたらしたというわけだ。だとすれば、日々の食生活でも、野菜を中心に――、といいたくなるが、昨今野菜の栄養価は著しく下がっており、抗酸化物質が野菜に含まれる量は50年前の約1/5になっているという話しもある。
年齢には勝てないので何とかしなくてはなりませんね。。
やっぱり体質改善するには食事など中から変えていく必要がありそうですね。やっぱり野菜が一番健康にいいかもしれませんね・・・。
posted by dh5s4f at 16:06| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

またですか・・・?(笑)ちょっと大げさだよね(((゜д゜;)))

「亀田ジム」が消滅の危機に陥った。3月27日のプロボクシング前WBC世界フライ級王者・亀田興毅(23)の世界戦後に父・史郎氏(44)が判定を不服として暴言を吐いた問題で、東日本ボクシング協会は6日、都内で緊急理事会を行い、亀田ジムの五十嵐紀行会長(35)を事情聴取した。出席者からは協会員の五十嵐氏の「除名」など厳罰を求める声が噴出。最悪の場合はジム閉鎖となり、兄弟は移籍先を探す事態に発展する。また、史郎氏はメキシコの本部で行われるWBC懲罰委員会への出頭要請を受けたことも分かった。亀田一家がまたも窮地に立たされた。約1時間、理事会で事情説明し謝罪した五十嵐氏は、「申し訳ありませんでした」と報道陣に頭を下げた。理事会の内容は語らなかったが、表情は憔悴(しょうすい)し切っていた。暴言問題では、協会は協会員ではない暴言の張本人の史郎氏に直接処分を下せない。そのため、ジム会長として五十嵐氏の監督責任を問う形となった。理事会後、会見した東日本協会の大橋秀行会長(45)は「厳しい意見が多かった。最も重い『除名を』という声も出た」と語った。理事24人中出席した21人全員が意見を述べたという。理事会は五十嵐氏の除名を含む厳罰を下す方向でまとまりつつある。「除名」となれば亀田ジムは事実上消滅となるが、次に重い処分の「会長資格の活動停止」でも所属選手の亀田兄弟は試合を行えなくなる。そのため〈1〉別のジムに移籍〈2〉協会預かりの選手―のどちらかを選択しなければならない。大橋氏は「全理事の一致した意見で亀田兄弟の成長は認めている。選手の救済措置を考えなければいけない」と、既に最悪のケースを視野に入れ始めた。
このネタは話題性があるから大げさに表現するよね(笑)
確かによくないことしてるとは思うけど。
消滅はないでしょ〜
posted by dh5s4f at 15:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。